1
So-net無料ブログ作成
検索選択

びわ湖毎日マラソン(青学)一色恭志が途中棄権!状態は?意識が失ったって本当? [大学駅伝]

本日開催された『びわ湖毎日マラソン』。
国内招待選手として、青山学院大学の一色選手も出走しました。

風もほとんどなく、コンディションもいいと言われていたので、
記録が期待されていたのですが、結果は一色選手限らずなかなか厳しいものでした。

まずは、結果からです。
 
<スポンサーリンク>




 

びわ湖毎日マラソンの結果は?




総合結果は、こちらです。

1. 2:09:06 エゼキエル・キプトー・チェビー ケニア
2. 2:09:15 ビンセント・キプルト ケニア
3. 2:09:59 ムニョ・ソロモン・ムタイ ウガンダ
4. 2:10:10 佐々木 悟 旭化成
5. 2:11:04 松村 康平 MHPS
6. 2:11:05 石川 末廣 Honda
7. 2:11:32 園田 隼 黒崎播磨
8. 2:12:07 大﨑 翔也 中電工
9. 2:12:33 イフンニリン・アダネ エチオピア
10. 2:12:58 上門 大祐 大塚製薬
11. 2:13:33 竹ノ内 佳樹 NTT西日本
12. 2:14:07 吉村 大輝 旭化成
13. 2:14:16 佐々木 寛文 日清食品グループ
14. 2:14:36 馬場 圭太 Honda
15. 2:14:41 加藤 德一 ヤクルト
16. 2:15:10 大塚 祥平 駒澤大学
17. 2:15:15 市田 宏 旭化成
18. 2:15:19 山本 憲二 マツダ
19. 2:15:22 松尾 修治 中電工
20. 2:15:45 滑 和也 SUBARU
21. 2:15:50 飯田 明徳 Honda
22. 2:16:07 タイラー・アンドリューズ アメリカ
23. 2:16:08 田村 英晃 JR東日本
24. 2:16:24 藤川 拓也 中国電力
25. 2:16:51 宮脇 千博 トヨタ自動車
26. 2:17:08 ジョシュア・ハリス オーストラリア
27. 2:17:34 トーマス・フレイザー アイルランド
28. 2:17:51 村澤 明伸 日清食品グループ
29. 2:18:04 岡田 竜治 大塚製薬
30. 2:18:30 朝賀 勇也 高田自衛隊
31. 2:18:32 ジャック・コルリービー オーストラリア
32. 2:18:38 久保岡 諭司 JFEスチール
33. 2:18:44 牧 良輔 SUBARU
34. 2:18:48 大橋 秀星 ラフィネ
35. 2:18:52 酒井 将規 九電工
36. 2:18:53 井上 翔太 トヨタ自動車
37. 2:19:05 大西 淳貴 サンベルクス
38. 2:19:05 藤井 祐希 トクヤマ
39. 2:19:13 小山 大介 中電工
40. 2:19:26 益田 賢太朗 NTT西日本
41. 2:20:44 森 貴樹 モントブラン
42. 2:21:05 森田 知行 カネボウ
43. 2:21:09 池田 麻保呂 愛知製鋼
44. 2:21:15 岩橋 俊幸 和歌山RC
45. 2:21:18 梶原 有高 厚木市陸協
46. 2:21:21 大谷 康太 JFEスチール
47. 2:21:23 早坂 光司 石巻RC
48. 2:21:24 四辻 剛 トヨタSC
49. 2:21:26 千葉 優 Honda
50. 2:21:45 上田 泰輔 三菱自動車岡崎

瀬古さんが2時間10分をきれなくて、なかなか厳しいコメントを言っていましたね・・。

途中までは、ペースメーカーの後ろで、先頭集団を引っ張っていた一色選手でしたが、
15㎞を過ぎたあたりから徐々に遅れ始めました。

そして、最終的に、30㎞過ぎで棄権となっています。
 
<スポンサーリンク>




 


一色選手の現状は?回復したのか?




spo17021519180064-p1.jpg
出典:http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/photos/170215/spo17021519180064-p1.html

20㎞過ぎまでは、先頭集団から離れてもワイプに登場する特別待遇の一色選手。笑
明らか優勝候補かのような待遇でした。

一色選手自体は、出走前こんなことを。




淡々とした感じで、変に心がぶれたりしなさそうな選手だけど、
これは・・・余計なプレッシャーがかかってないといいなぁ・・なんて思ってみてましたが。

んーやはりマラソンは難しいですね。

25㎞を過ぎたあたりから一色選手の情報が全く入らなくなりました。

大会が終わった後、





高校生のころから一色選手を見てましたが、正直、ロードで棄権する一色選手って想像もしてなかったです。
もちろん2時間10分を切るのは、簡単な事ではありませんが、
去年の東京マラソンのタイムくらいかなぁーなんて安易に考えていました。

GMOアスリーツの花田監督によると、
1月も体調を崩したり、いい状態で、レースに臨ませてあげることが出来なかった。そうです。

自分の体の状態やタイム、レース運びなど冷静に頭で考えて走るタイプの選手ですが、
やはり経験という面に関しては、カバーしきれないものが有りましたよね。

具体的な症状等がわかっていませんが、大きなケガとかではなさそうです。

それにしても不気味なことに、この件に関して青学の選手たちが誰もツイートしない。
同じ日に行われた立川ハーフの結果が芳しくなく反省会なのか・・・
田村選手が棄権しているのも気になりますし・・・
今日は、なんだか青学にとって散々な日な気がします。
 
<スポンサーリンク>




 


まとめ




今回は、びわ湖マラソンを途中棄権となってしまった一色恭志の現在の状態についてシェアしました。
心配しましたが、とりあえず大丈夫そうで何より。
ゴールをした村澤選手も、直後に搬送されたとかで、なかなかタフなレースだったのでしょうね・・。

メディアもどうにかこうにかスター候補を作って注目を集めてもらおうとしてますが、
まだ大学4年生の、これが一色選手の今の実力なんだと思います。
どうか変にプレッシャーを与えず暖かく見守ってほしいものです。

高校時代、大学時代のように、コツコツとそして着実に力をつけてどうか大きく飛躍されることを祈るばかりです。

そして、今回駒澤大学の大塚選手、2:15:10で総合16位。
おめでとうございます!!大健闘!!




Twitterに大八木監督の応援する姿が上がってて、ちょっとニヤけました。笑
個人的にすごく好きなんですよね~、大八木監督。

また、途中までついていってた東海大学1年生の中島怜利選手も、よく頑張りました!
その勇気は、本当に立派です。
きっと何か得るものがあったことでしょう。

いろいろ厳しい意見もありますが、まずは選手の皆さまお疲れ様でした。
また次のレースを楽しみにしています!
 
<スポンサーリンク>




 






体調が回復して何よりです。

こういう一色選手の自分の走りを素直にフィードバックできるところや、真摯に陸上に対して向き合う姿勢。やっぱり応援したくなるランナーの1人です。

また1つ強くなれましたね、一色選手。
1歩1歩、確実に進んでいきましょう!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。